車上ねらい(あらし)被害を防止する方法

車上ねらい(あらし)被害を防止する方法

 

 

犯人はまず金目の物が入っていそうな車を選ぶことから始めるのだから、そもそも何も積んでいないことがわかれば狙われにくくなります。

 

 

特に金目の物が入っていなくても、「カバンや財布に見える」様な物があるだけで、ガラスを割られたり、破壊されてしまいます。

 

 

どんなセキュリティアラームが付いていようと、短時間の犯行のため、盗まれることには変わりないです。

 

 

もし、被害に気づいた場合には、すぐに110番通報しましょう。

 

 

警察官が到着するまで車には触れず、クレジットカードや携帯電話などの停止手続きを進めておきましょう。

 

 

 

セコム_料金