車がガス欠になったときの対処法

車がガス欠になったときの対処法

 

最近は燃費のいい車が増えてきているので、ガソリンを入れ忘れて走っていたということも少なくないようです。

 

いざガス欠になって動けなくなってしまったら?

 

まずは慌てず近くのガソリンスタンドを探しましょう!

 

ほとんどのガソリンスタンドはガソリン携行缶を備えています。

 

 

近くでガス欠になってしまったことを伝え、携行缶を借りましょう。

 

ほとんどの場合、保証料として5千円〜1万円を預けることで満タンになった携行缶を貸し出してもらえます。
(お店によって保証料は異なります)

 

そしてその携行缶を返しに行けば保証料を返してもらえるというわけです。
(別途ガソリン代はかかります)

 

返しに行ったスタンドでしっかりガソリンを入れれば解決です!

 

 

ガス欠を予防するポイントは

 

  半分になったら給油する

 

職業ドライバーの世界では鉄則ですので覚えておきましょう!

 

災害時などに備えて ガソリン携行缶 を持っているとさらに安心です!

 

道路で止まってしまったときは・・・。最後の砦、JAFを呼びましょう!

 

JAF

 

↑全国どこでもすぐに駆けつけてくれる頼れる存在

 

まだ入っていない方はお早目に!