レーシックで事故らない運転

レーシックで事故らない運転記事一覧

レーシックで事故らない運転ができるようになる

運転は常に移り変わる車窓の景色から、危険を察知して判断を繰り返す作業の連続です。車は1秒で数十メートル進みます。「コンタクトやメガネのズレ(汚れ)等でときどき2〜3秒間、目が不調になる。」ことがある場合、その積み重ねが事故を招くおそれがあります。『ハインリッヒの法則』のページ参照。また、正確な車幅感...

≫続きを読む

 

レーシックが流行している理由

最近レーシックを受ける人が多いのはなぜか。それには様々な理由があります。@ レーシックは15分程度で終わるのに一応「手術」なので医療保険が適用になる場合が多く、実際よりもはるかに安く受けることができる。A 数年前はその危険性ばかり取り上げられていたが、実際には多くの検査を行ってから実施するので危険性...

≫続きを読む

 

レーシックのメリットデメリット

@ 裸眼で生活できるようになる。メガネやコンタクトが不要になるため、その購入費用やコンタクト用品などの維持費も一切不要になる。メガネやコンタクトを持ち歩かなくてよい。(荷物が減る)A そのまま寝ることができる。いつでも好きな時に眠ることができる。B 災害等に強くなる。(起きてそのまま動き出せる)C ...

≫続きを読む