レーシックが流行している理由

レーシックが流行している理由

 

最近レーシックを受ける人が多いのはなぜか。

 

それには様々な理由があります。

 

@ レーシックは15分程度で終わるのに一応「手術」なので医療保険が適用になる場合が多く、実際よりもはるかに安く受けることができる。

 

A 数年前はその危険性ばかり取り上げられていたが、実際には多くの検査を行ってから実施するので危険性は少なく、メリットの方がはるかに大きい。(角膜を削ってカタチを変えてしまう手術だと勘違いしている人が多い)

 

B メガネやコンタクトレンズが安全とは限らない。(割れるリスクや感染症等を引き起こすリスク)

 

C 身近にレーシックを受けた人が増えてきた。(施術例の増加と術式の進歩)
  アメリカでは1000万人以上が受けたと言われており、日本でも年間20万人以上が受けている。

 

D 保証期間が長く、視力が低下してしまった場合でも再手術が無料のところが多い。

 

E 紹介制度があり、実際にレーシックを受けた人が紹介することで高額な紹介料が受け取れる。(1件につき3〜5万円程度)

 

F 即効性があり、入院の必要がない。(その日のうちに視力が回復する。)

 

 

まずはレーシックを受けることができるか、適正検査を受けるところから始めてみましょう。

適応検査