レーシックのメリットデメリット

レーシックのメリット

 

@ 裸眼で生活できるようになる。

 

メガネやコンタクトが不要になるため、その購入費用やコンタクト用品などの維持費も一切不要になる。

 

メガネやコンタクトを持ち歩かなくてよい。(荷物が減る)

 

A そのまま寝ることができる。いつでも好きな時に眠ることができる。

 

B 災害等に強くなる。(起きてそのまま動き出せる)

 

C レーシックは10分から15分程度で終わるのに一応「手術」なので医療保険が適用になる場合があり、実際よりもはるかに安く受けることができる。

 

(契約内容によっては、10万円程度保険料がおりる場合も)

 

D 保証期間が長く、視力が低下してしまった場合でも再手術が無料のところが多い。

 

E 紹介制度があり、実際にレーシックを受けた人が紹介することで高額な紹介料が受け取れる。(1件につき3〜5万円程度)

 

F 即効性があり、入院の必要がない。(その日のうちに視力が回復する。)

 

G ドライアイが解消される場合がある。(個人差がある)

 

 

レーシックのデメリット(リスク)

 

@ 術後1週間程度、長い人で1カ月程度 「ハローグレア」 という症状が現れることがある。
 (光が以前より眩しく見える症状。)

 

A ドライアイが解消されない場合がある。

 

B 誰もが受けられるというわけではなく、そもそもレーシックを受けられない場合がある。
  (術前にたくさんの検査を行って判断される)

 

 

まずは検査を受けてみよう

 

適応検査

 

 

 

管理人がレーシックをした感想