レーシックで事故らない運転ができるようになる

まずは左右の視力があっていることが重要

 

 

運転は常に移り変わる車窓の景色から、危険を察知して判断を繰り返す作業の連続です。

 

車は1秒で数十メートル進みます。

 

「コンタクトやメガネのズレ(汚れ)等でときどき2〜3秒間、目が不調になる。」ことがある場合、その積み重ねが事故を招くおそれがあります。

 

ハインリッヒの法則』のページ参照。

 

また、正確な車幅感覚や距離感覚をつかむには、『深視力』が欠かせません。

 

「左右で視力が違う」場合には物体までの正確な距離が判定できないため、「ちょっと擦った」というような軽度の接触事故を度々起こしているケースがあります。

 

重要なのは、

 

@ 「はっきりと見えているか」

 

A 「正確な距離に見えているか」 

 

であり、運転テクニックと同じくらい重要なのです。

 

コンタクトやメガネは1年に2〜3回程度、見え方の点検をしていないと、見え方が変わってしまうことがあります。

 

そのたびに新しく作り直すのは手間ですし、いつも安心できません。

 

コンタクトは運転を休憩するたびに外すわけにもいきませんし、実は1日あたりの装着時間が決まっているので、制限時間を超えて装着していた場合にはやはり眼の不調が発生しやすくなると言えます。

 

そこでメリットの大きいレーシックという選択肢があります。

 

レーシックを受けられない場合もありますので、まずは実際にレーシックを受けることができるかどうかの検査を受けることが肝心です。

 

メガネやコンタクトの煩わしさから解放される素晴らしい世界への第一歩を踏み出しましょう。