事故らない運転テクニック

わき道や駐車場から出るとき多い事故

 

ウインカーを過信した事故が多いことをご存じですか?

 

誰でも一度は相手の車がウインカーと違う動きをして 「ヒヤリハット体験」 をしたことがあると思います。

 

 

あなたが脇道や駐車場から道路に出ようとしたとき、道路を走ってきた車がウインカーを出したので

 

 

「あ、この車この駐車場に入るんだな」

 

 

と思うはずです。

 

しかし、あなたが道路に出ようとしたら、車はあなたの方へ直進してくるではありませんか。

 

 

「曲がると思ったのに直進してきた」

 

 

 …。

 

このとき相手は

 

 

「私が優先道路なのにいきなり脇道から出てきた」

 

 

 

 …。

 

この車、実は少し先の交差点で曲がるためのウインカーを早めに出していたのです。

 

勘違いされても仕方がありません。

 

しかし、ウインカーを出した位置が交差点の30メートル手前等であれば、それはそれで適切です。

 

となると、相互に勘違いを生む危険性があるということですね。

 

注意が必要なのは、

 

交差点付近の脇道から出るとき

 

交差点付近の駐車場などから出るとき

 

です。

 

自分自身がウインカーを出す際も注意しましょう。

 

例えば車線変更してウインカーを出しっぱなしだと危険です。

 

交差点付近で車線変更してそのまま直進すると、あなたの 「車線変更後のウインカー」 を 「曲がるためのウインカー」 だと誤認してしまいます。

 

そうなるとやはり同じような事故が起こります。

 

 

 

パッシングでサンキュー事故?

 

これもまた多い事故です。

 

対向車線の車がパッシングしたから行っていいと思ったのにぶつかった

 

という事故や

 

パッシングして譲ってくれたから 「早く行かなきゃ」 と思って急いで右左折したら横断中の歩行者や自転車をひいてしまった

 

などです。

 

 

 

合図を過信しない

 

いずれの場合も相手の合図を過信あるいは誤認したことによって発生した事故です。

 

しかし、 最終的な安全確認の義務は自分自身にあります。

 

そこで

 

かもしれない運転

 

を心がけましょう

 

この合図は間違っているかもしれない

 

この車は直進してくるかもしれない

 

「ウインカーなんて」と思いますが、合図の出し方が原因の事故は多発しています。

 

ウインカーはあなたの車がどちらに動くかを知らせる 「方向指示器」 ですから、適切に使用すれば確実に事故を防ぐことができます。

 

「適切なウインカーの出し方」について日頃から心掛けてみましょう。