事故らない運転テクニック

スポンサードリンク

高速道路は2倍空間だと認識する

 

 高速道路は約2倍の速度で進行してるのだから、1秒で一般道の倍の距離を進む。

 

 倍の集中力で交通の変化を察知しなければ、倍の衝撃を受けることになる。

 

 

走行前に必ず車両点検をする

 

 特にタイヤの空気圧とエンジンオイルや冷却水の状態をチェックする。

 

 

助手席、後部座席を確認!

 

画像/photoac

 

 シートベルトをしていないと、事故のとき車外放出により重症を負う可能性が高まる。

 

 とくに高速道路を走るときは要注意!

 

 

速度の分だけ車間距離をとる

 

 80キロで走っているのなら80メートル以上、100キロなら100メートル以上は車間距離をとる。
 乾燥した路面で100キロで走行すると、1秒間に約30メートル進む。

 

  「1秒間わき見をすると

 

  30メートル進む」

 

         +

 

  「危険を察知

 

   アクセルから足を離して

 

   ブレーキに足をかけるまで 1秒

 

  (30メートル進む)

 

         +

 

  「ブレーキが効き始めるまでに1秒

 

  (30メートル進む)」

 

     = 「 合計 90メートル 」 (制動距離以外にこれだけ進む)

 

 

他の車両の死角に入らない

 

 

 特に大型車両の付近は死角が多いのでなるべく近づかないようにする。

 

 

ペースメーカーを早めに見つける

 

 一定な速度で安全な車間距離を保って走っている車を見つけて、その車に追従すれば安全。

 

 一番左の車線を一定の速度で走っている運送トラックなどがオススメ。

 

 プロのドライバーで積荷が多い車ほど安全意識が高まる傾向にある。

 

 速度は時速90キロ前後だが到着時刻にさほど差は無く、疲労も軽減できる。

 

 トラックは視線が高く、事故や工事も早めに発見できるので、車線変更の基準にもなる。

 

 毎日通っている車に付いて行くのがベスト!

 

 

集団(車群)には近づかない

 

 マラソンの集団のように車が群れになって走っている場所では自然と車間距離が短くなり、数台が巻き込まれる事故が起きやすい。

 

 

100km/h以下でクルーズコントロールがオススメ

 

もし車にクルーズコントロールの機能が付いていれば、100キロ以下の速度でロックするのがオススメ。

 

なぜなら、高速道路はそもそも100キロ制限だが、100キロ以下で走っている車は運送トラック以外はほとんどいない。

 

試しに80キロや90キロで走行してみると、追い抜ける車は1台も無い。

 

つまり、100キロ以下の安全速度で一定に保てば、渋滞や突然の事故が無い限りブレーキ操作やハンドル操作は最低限で済む可能性があるということになる。

 

いくら120キロで速度をロックしてもすぐに前の車との車間が近くなり、ロックを解除するか車線変更せざるを得ない。

 

つまりクルーズコントロールを使ってもソワソワしながら運転しなければならないことになってしまう。

 

せっかく運転をラクにしてくれるクルーズコントロールの装置が付いているなら、安全に使える方法を実践してみよう。

 

 

テクニックFへ→


スポンサードリンク